不動産購入のイロハ

 

 住宅ローンを利用される方は、売買契約後に金融機関に借入れの申込を行います。
 金融機関はご自由にお選び頂けます。
 ローンにはさまざまな商品がありますので、金融機関がお決まりでない方はお気軽にご相談ください。
 

 

A. 住宅ローンの種類

 

 元金に対して、金利をどのように設定するかによって、様々な商品タイプがあります。主なものは3つです。
 

 (1)完全固定金利型

 「完全固定金利型」は、借入期間中の金利がずっと固定される商品です。一般に金利固定期間に金利の上昇が想定されるような

 場合には変動金利型等より当初の適用金利は高くなりますが、借入期間中に金利が変動したとしても、住宅ローンの返済額は

 借入当初の予定から変わりません。
 

 (2)変動金利型

 「変動金利型」は半年ごとに金利が見直され、その金利の動きをもとに5年ごとに返済額が見直されるタイプです。

 ただし、金利の変動に伴って返済額が上昇する場合でも、従来の返済額の1.25倍までという上限が定められています。

 金利の上昇局面では一般的に、完全固定金利型に比べて当初の適用金利は低めになっていますが、その後の金利上昇リスクを

 負うことになります。
 

 (3)固定期間選択型

 「固定期間選択型」は3年間、5年間などというように一定期間は金利が固定されていて、その期間が終了した時点で、再度金利を

 設定し(固定期間を選択するか変動金利とするか)、その金利によって返済額が見直されるタイプです。固定する期間の選択肢は、

 金融機関によって異なります。固定期間終了後の金利が大幅に上昇していた場合は、変動金利型のような返済額上昇幅の上限が

 ないため、返済額が大幅に増える可能性があります。


 その他、銀行ローンには、複数の商品を組み合わせるタイプや、変動金利型でも上限金利が設定されているタイプなど、

 様々な商品があります。
 なお、住宅ローンによって、利用できる商品タイプが限られている場合があります。財形住宅融資では、5年間は固定金利が

 適用になる5年固定金利型のみ、フラット35(住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローン)は完全固定金利型のみ

 になっています。

 

 

B. 融資承認

 

 住宅ローンの申し込みから1~3週間程度で、金融機関より融資の審査結果の連絡があります。

 融資承認が得られましたら、金融機関との間で金銭消費貸借契約兼抵当権設定契約(住宅ローンお借り入れのご契約)を結び、

 詳細な借り入れ条件を決定します。