定期借地権とは

 

定期借地権は、平成4年8月に施行された「借地借家法」により誕生しました。従来の借地権と異なり、当初定められた契約期間で借地関係が終了し、その後の更新はありません。

この制度によると、土地所有者は従来に比べ、安心して土地を貸すことができ、借り主は、従来より少ない負担で良質な住宅を持つことができますので、土地の貸借が円滑に行われることが期待でき、住宅・宅地政策上も有効な制度と見られています。

 

 

 

1.一般定期借地権
借地期間を50年以上としたもの。期間の満了に伴い、原則として借り主は建物を取り壊して土地を返還する必要があります。
 


2.建物譲渡特約付借地権
契約後30年以上経過した時点で土地所有者が建物を買い取ることを、あらかじめ約束しておきます。買い取った時点で借地権が消滅します。
 


3.事業用定期借地権
借地期間を10年以上50年未満とし、事業用に建物を建てて利用するための定期借地権で、居住用には使えません。

 

 

 

定期借地権付き住宅とは定期借地権で借地した土地に建設する住宅で、現在、当協議会の会員が中心となって各地で分譲等の事業を行っています。この方式は、「土地の所有から利用へ」という土地基本法の理念にふさわしいものといえましょう。


弊社では「定期借地借家権 アドバイザー」の資格を有した者が詳しい説明をさせて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。