任意売却とは

●任意売却を良く知る為に

 『任意売却』とは住宅ローンの返済ができなくなり、不良債権化した不動産を競売前に売却していくことを言います。
 不動産の売却にまつわる事になりますので、二に売却の相談は不動産業者に相談するのが一番です。ただし任意売却の問題は、不動産を売却だけでは、本当の問題解決にはなりません。任意売却後(自宅が売れた後)、住宅ローンの残った債務は、基本的に支払い義務があり、どうやって返済していくのか?をご自身で債権者と話し合っていかなければなりません。
 弁護士以外の方が、残った債務に対して、債務者の代わりに債権者と話し合いをすることは、非弁行為になりますので、ご自身で債権者と話し合いをしていくか?弁護士・司法書士に依頼し、債務を整理するか?の選択をしなければなりません。
不動産の売却+借金の問題のこの2つを解決しなければ、貴方の悩みが本当に解決した事にはなりません。
 

●任意売却をする為には?
 任意売却の取り扱いをする業者は、ここ数年でかなりの数が増えました。
インターネットでも数多くの相談サイトがありますが、不動産業者以外の相談サイトも数多く見られます。任意売却は、不動産が基本です。その上で債務問題についても、一緒に考えてくれる不動産業者へ相談する事をおすすめします。
 弁護士、司法書士に相談した場合、債務問題の解決が中心となり、大半の相談者は債務超過となっているので、自己破産、もしくは個人再生をすることが前提となります。
 任意売却については、弁護士の知り合いの業者が扱う場合や、相談する先生を間違えると、なにもせず競売処分まで待つ場合もあります。
 まずは、任意売却業者で相談し、ご自身で自宅の任意売却を進め、売却後に残った債務の整理をするのであれば、弁護士、司法書士に依頼しても遅くは有りません。
 また、ご自身が、分割で弁済を希望するのであれば、債権者と話し合いをしていくことで、弁護士、司法書士に依頼する必要はありません。債権者との話し合いの末、折り合いがつかない時には、その時に、弁護士、司法書士に依頼しても大丈夫です。